読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
演習Index

DNSサーバーの設定(server2)

IPアドレスを指定して通信できるようになったので、server1.nantoka.netのようなドメイン名を指定して通信できるように、server2にDNSサーバーを設定します。

f:id:wave1008:20170504144532p:plain

 

以下の内容で設定を行います。

ドメイン名: nantoka.net

ホスト名: server1, server2

 

DNSサーバーのインストール 

  1. server2にログインします。
  2. サーバーマネージャーで[役割と機能の選択]をクリックします。
  3. [役割ベースまたは機能ベースのインストール]を選択します。
  4. [サーバープールからサーバーを選択]をクリックします。
  5. [DNSサーバー]にチェックを入れます。

    f:id:wave1008:20170504144956p:plain

  6. [管理ツールを含める]にチェックを入れます。

    f:id:wave1008:20170504145044p:plain

  7. [次へ]

    f:id:wave1008:20170504145111p:plain

  8. [次へ]

    f:id:wave1008:20170504145125p:plain

  9. [必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する]にチェックを入れ、[インストール]をクリックします。

    f:id:wave1008:20170504145139p:plain

  10. インストールが完了したら[閉じる]をクリックします。

    f:id:wave1008:20170504145301p:plain

 

DNSの設定

DNSのゾーンを作成し、server1とserver2でIPアドレスを解決できるようにレコードを登録します。

 

  1. サーバーマネージャーのDNSタブのサーバー名を右クリックし、DNSマネージャーを選択します。

    f:id:wave1008:20170504145415p:plain

  2. [前方参照ゾーン]を右クリックして、[新しいゾーン]を選択します。

    f:id:wave1008:20170504145459p:plain

  3. [次へ]

    f:id:wave1008:20170504145515p:plain

  4. [プライマリーゾーン]を選択します。

    f:id:wave1008:20170504145537p:plain

  5. ゾーン名に nantoka.net を入力します。

    f:id:wave1008:20170504145554p:plain

  6. 「次へ]

    f:id:wave1008:20170504145630p:plain

  7. [次へ]

    f:id:wave1008:20170504145643p:plain

  8. [完了]

    f:id:wave1008:20170504145657p:plain

  9. 前方参照ゾーンにnantoka.netが登録されました。

    f:id:wave1008:20170504150211p:plain

  10. 引き続き、逆引き参照ゾーンを登録します。[逆引き参照ゾーン]を右クリックし、[新しいゾーン]を選択します。

    f:id:wave1008:20170504150315p:plain

  11. [次へ]

    f:id:wave1008:20170504150402p:plain

  12. [プライマリーゾーン]を選択します。

    f:id:wave1008:20170504150425p:plain

  13. [IPv4逆引き参照ゾーン]を選択します。

    f:id:wave1008:20170504150452p:plain

  14. [ネットワークID]に10.0.1を入力します。

    f:id:wave1008:20170504150529p:plain

  15. [次へ]

    f:id:wave1008:20170504150553p:plain

  16. [次へ]

    f:id:wave1008:20170504150604p:plain

  17. [完了]をクリックします。

    f:id:wave1008:20170504150627p:plain

  18. 逆引き参照ゾーンにレコードが登録されました。f:id:wave1008:20170504150655p:plain
  19. [前方参照ゾーン]を右クリックし、[新しいホスト(AまたはAAAA)]を選択します。

    f:id:wave1008:20170504150857p:plain

  20. 名前にserver1を入力します。IPアドレスに10.0.1.1を入力します。[関連付けられたポインター(PTR)レコードを作成する]にチェックを入れ、[ホストの追加]をクリックします。

    f:id:wave1008:20170504151056p:plain

  21. 同様にserver2のレコードを登録します。

    f:id:wave1008:20170504151129p:plain

  22. 前方参照ゾーンのnantoka.netにserver1とserver2のレコードが追加されました。これにより、server2にホスト名+ドメイン名(例:server1.nantoka.net)で問い合わせを行うと、登録されているIPアドレスを回答することができるようになりました。

    f:id:wave1008:20170504151205p:plain

  23. 逆引き参照ゾーンの1.0.10.in-addr.arpaにserver1とserver2のレコードが追加されました。これにより、server2にIPアドレスで問い合わせを行うと、登録されているホスト名+ドメイン名(例:server1.nantoka.net)を回答することができるようになりました。

 

疎通確認(@server2)

server2で疎通確認します。

 

  1. server2でコマンドプロンプトを起動します。
  2.  nslookupを起動します。

    f:id:wave1008:20170504152407p:plain

  3. server1.nantoka.net を入力します。対応するIPアドレスが確認できます。

    f:id:wave1008:20170504152448p:plain

  4. server2.nantoka.net を入力します。対応するIPアドレスが確認できます。

    f:id:wave1008:20170504152711p:plain

  5. IPアドレスを入力すると、対応するホスト名+ドメイン名が表示されます。

    f:id:wave1008:20170504152853p:plain

  6. Ctrl+Cでnslookupを終了します。
  7. server1.nantoka.netを指定してpingが通ることを確認します。

    f:id:wave1008:20170504153117p:plain

  8. 同様にserver2.nantoka.netを指定してpingが通ることを確認します。

    f:id:wave1008:20170504153239p:plain

 

以上でserver2におけるDNSサーバーの設定は終わりです。