読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
演習Index

DNSクライアントの設定(client1)

client1でDNSを設定するには、server1と同様に優先DNSサーバーを明示的に設定すればよいですが、client1はDHCPを利用しているのでDHCPサーバーを使用して自動登録することもできます。

ここではDHCPサーバーを使用する方法で設定します。

 

DHCPサーバーのオプションでDNSを設定する

  1. server2にログインします。
  2. サーバーマネージャーのDHCPタブでserver2を右クリックして、DHCPマネージャーを起動します。

    f:id:wave1008:20170504173036p:plain

  3. DHCPマネージャーの[10.0.1.0]のスコープのスコープオプションを右クリックし、[オプションの構成]を選択します。

    f:id:wave1008:20170504173051p:plain

  4. [DNSサーバー]をチェックします。IPアドレス10.0.1.2を追加します。

    f:id:wave1008:20170504173430p:plain

    f:id:wave1008:20170504173451p:plain

以上でDHCPサーバーにおけるDNSサーバーの設定は完了です。

 

疎通確認

client1でDHCPによってDNSサーバーのアドレスが設定されることを確認しましょう。

 

  1. client1にログインします。
  2. コマンドプロンプトを開き、ipconfig /all を実行します。DNSサーバーとして10.0.1.2が割当たっていることがわかります。
    ※割当たっていない場合はOSを再起動してください。

    f:id:wave1008:20170504174608p:plain

  3. server1.nantoka.net および server2.nantoka.net にpingを実行します。それぞれ成功します。

    f:id:wave1008:20170504174744p:plain

 

演習用ネットワーク環境A(AD CSを除く)

ここまでの設定によって、AD CSのインストールを除き、演習用ネットワーク環境Aの構築が完了しました。

※AD CSはhttpsの演習でSSL証明書が必要になった際に設定します。

 

f:id:wave1008:20170504235255p:plain