読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
演習Index

DHCPサーバーの設定

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)

server1とserver2は固定のIPアドレスを手動で設定しました。このようにサーバーのIPアドレスは一般的にはシステム管理者によって手動で設定されます。

 

一方、個々の従業員に配布されるPCは、LANに接続したときに自動でIPアドレスを設定します。このときに使用するプロトコルDHCPです。DHCPIPアドレスを設定する対象となるクライアントと、IPアドレスの配布を管理するサーバーによって構成されます。

 

まずは演習用ネットワーク環境Aの構成のとおりserver2に2DHCPサーバーを設定しましょう。

  

DHCPサーバーの設定

  1. server2の仮想マシンを起動し、ログインします。
  2. サーバーマネージャーで[役割と機能の選択]をクリックします。

    f:id:wave1008:20170401142932p:plain

  3. [役割ベースまたは機能ベースのインストール]を選択します。

    f:id:wave1008:20170401143033p:plain

  4. [サーバープールからサーバーを選択]をクリックします。

    f:id:wave1008:20170401143123p:plain

  5. [DHCPサーバー]にチェックを入れます。

    f:id:wave1008:20170401143154p:plain

    f:id:wave1008:20170401143205p:plain

  6.  [次へ]

     

    f:id:wave1008:20170401143247p:plain

  7.  

     [次へ]

    f:id:wave1008:20170401143328p:plain

  8.  [インストール]

    f:id:wave1008:20170401143435p:plain

  9.  [閉じる]

    f:id:wave1008:20170401143458p:plain

  10. [その他]

    f:id:wave1008:20170401143613p:plain

  11.  [DHCP構成を完了する]

    f:id:wave1008:20170401143641p:plain

  12.  [コミット]

    f:id:wave1008:20170401143715p:plain

  13.  DHCPサーバーサービスを再起動します(またはserver2を再起動します)。

    f:id:wave1008:20170401143736p:plain

  14.  サーバーマネージャーからDHCPマネージャーを起動します。

    f:id:wave1008:20170401143923p:plain

  15.  IPv4を右クリックして[新しいスコープ]を選択します。

    f:id:wave1008:20170401144008p:plain

  16. [次へ]

    f:id:wave1008:20170401144026p:plain

  17. スコープ名としてscope1を入力します。

    f:id:wave1008:20170401144135p:plain

  18. アドレス範囲として10.0.1.100-10.0.1.200を指定します。サブネットマスクは255.255.255.0を指定します。

    f:id:wave1008:20170401144214p:plain

  19. [次へ]

    f:id:wave1008:20170401144253p:plain

  20. [次へ]

    f:id:wave1008:20170401144312p:plain

  21. [後でオプションを構成する]を選択します。

    f:id:wave1008:20170401144529p:plain

  22.  [今すぐアクティブにする]を選択します。

    f:id:wave1008:20170401144634p:plain

  23.  [完了]

    f:id:wave1008:20170401144658p:plain

     

  24.  スコープが定義されました。

    f:id:wave1008:20170401144744p:plain

     

引き続いて、DHCPクライアントの設定を行います。