読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
演習Index

DHCPクライアントの設定

次に、DHCPクライアントを設定しましょう。

DHCPクライアントの設定 

  1. client1の仮想マシンをシャットダウンしておきます。
  2. 仮想マシンのネットワーク設定でNATを解除します。

    f:id:wave1008:20170213034557p:plain

  3. 内部ネットワークを設定します。名前はnetwork1とします。プロミスキャスモードはWiresharkでキャプチャするために必要なのですべて許可とします。

    f:id:wave1008:20170213034611p:plain

  4. 仮想マシンを起動してログインします。
  5. ネットワーク接続を開きます。アダプターの名前をnetwork1に変更します。ダブルクリックします。

    f:id:wave1008:20170213034826p:plain

  6. プロパティをクリックします。

    f:id:wave1008:20170213034855p:plain

  7. 演習で使用しないのでTCP/IPv6はオフにします。

    f:id:wave1008:20170213035056p:plain

  8. TCP/IPv4をダブルクリックします。
  9. [IPアドレスを自動的に取得する]と[DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する]を選択します。

    f:id:wave1008:20170213035337p:plain

 

 

DHCPの動作確認

仮想マシンclient1においてipconfig /all を実行します。

f:id:wave1008:20170401145256p:plain

IPv4アドレスとサブネットマスクが、10.0.1.2のDHCPサーバーからリースされて割り当たっています。

 

ping 10.0.1.1を実行してみます。

f:id:wave1008:20170401145619p:plain

正しく応答していることがわかります。